ふぐ料理 鱧料理
時季の魚料理
HOME
ご案内
地図
お品書き
時季の魚
四月
 五月
 六月~盆
十月~翌年三月
お店について
贔屓の引倒し
店主の勝手御免
 女将の夢一齣
魚のうんちく
お問合せ
グルメブログ阿じ与志
最上を求めるあなたに。魚料理あじよし
お店について贔屓の引倒 | 戻るお問合せ

阿じ与志のことなら、誰よりも詳しいと豪語する、
ご贔屓の一人「弁慶」氏が語る、あれやこれや。

こだわりがある。
こだわりを持った美味いものが出てくる、おやじの店。
料理の主役は、おやじが吟味した魚。野菜や出汁は魚を引きたてる名脇役。
ときどき出る、八寸や芋の煮物は良い素材を見つけた時の、おやじの遊び。
これがまた、楽しい。
はずれなし。
阿じ与志の食いものは、いつ、何を食っても当たりはずれがない。
これはこの店の最も良いところだね。親父の隠れた努力があると言うことだ。
他では口に入れた途端、「これは?」と妥協した料理が、時として出てくるものだがここでは経験したことがない。誉めているのではなく事実。

雰囲気がある。
器も超高級とはいえないが、どれも遊びがあり楽しい。
カウンターまわりも清清しくて気持ちがいい。座敷も落ち着きます。日本はいいねぇ。

お店は大工仕事、左官仕事、全てをここの客である棟梁達が作った。
使っている檜と杉もいいものだね。仕事がぜんぶ本物だ。

(左)店で使った材木の写真。
材木屋の社長(こちらもご贔屓)と比べて欲しい。
左は檜で、店のカウンターはこれから切り出した。右の2本は杉で柱や天井に使われている。

(下左)座敷の天井の写真。上は左の杉、下は沈木ものの杉を利用している。木目が美しい。

(下右)座敷の床間の写真。いいものを飾っている。店主をほめると喜びます。
おやじのやり方。(その1
瀬戸の高級な魚はすべて、いい場所で、上手い漁師が一本釣りで捕る。
おやじは毎朝2時に起きて、魚市場(となり町の尾道)に行く。
そこで、ひとつひとつ吟味し、気に入ったものだけを手に入れている。
だから、時には魚を仕入れしない日もある。そういう時は客を断ります。

河豚はシーズンの毎日、下関の同じ問屋から活きで届いているのだが,
ちょっとそこらでは、逆立ちしても手に入らない代物だ。他では食えない。

野菜も同じことで、彼が一つ一つ吟味したものだけを仕入れている。

生きのいい魚の素材の味を楽しむ店です。鍋物などの出汁の味も絶品。

おやじのやり方。(その2)
なぜ、誰も雇わず夫婦だけかといえば、彼の主旨とするその魚の調理法は
他の人には教えたくとも、教えられないから。

彼が納得する料理だけを、納得できる客だけに味わってもらってる。

ここは。
良い店は、おやじだけが作るのではなく、よい客が作るのです。
旨いものに、すこぶるうるさい客たちに、おやじが一所懸命に応える。
そんなところがある店なんです。店の歴史のなかで、そう思う。


|贔屓の引き倒し|店主の勝手御免女将の夢一齣
HOMEご案内お品書きお店について魚の薀蓄お問合せ

<C>Copyright AJIYOSHI ふぐ料理・鱧料理・鯛料理